お風呂で汗出し!サラサラ汗になって気分爽快!

お風呂で汗出し!サラサラ汗になって気分爽快!

べたべた汗は、汗腺が弱い証拠!

あなたはどんな汗をかきますか?べたべたとした不快感を伴う汗でしょうか?残念なことにその汗は、悪臭と不快感を伴う「悪い汗」です。そして、汗をかく器官である「汗腺」が衰えている証拠でもあります。そして汗疹の原因にもなってしまいます。臭いの無いさらっとした不快感の少ない汗は「良い汗」で、汗腺も鍛えられている証拠です。

お風呂で汗をたくさんかいて汗腺を鍛え、臭わない良い汗をかけるようになりましょう。

お風呂でデトックス&汗腺トレーニング

お風呂に入る前に汗をかきやすくするため、水分を取るようにしましょう。勿論、ゼロカロリーの飲料にします。そして少しぬるめのお風呂にゆっくりと浸かります。この時、ペットボトルに水を入れて手元に置いておきます。水分補給と、汗を出しやすくするためです。

水を口に含むと、脳みそは体内に水分が入ったと勘違いして、余分な古い水分を出そうとします。そのため、体に溜まっている古い水分が汗となって排出されます。口に含んだ水がどろどろとして来たら吐き出して、新しい水を口に含みましょう。また、途中で喉が渇いたら、ペットボトルの水を飲み、のぼせないようにしましょう。

また、お風呂上りの水分補給も必ず行いましょう。

プラスワンでさらに汗だく!

肌の強い方はバスソルトを入れると汗がさらに出やすくなります。肌の弱い方や、リラックスしたい方はグレープフルーツの香りの入浴剤やアロマがおすすめです。

グレープフルーツの香りは、新陳代謝を活発にし、発汗させるさようがあります。また、リフレッシュ効果もあるので、ストレスの溜まっている方にもおすすめです。

毎日は無理ですが月に何回かゆっくりとお風呂に入って汗を出し、健康的な良い汗をかける体になりましょう。

品川美容外科の起訴について詳しく