食生活を工夫することで無理せず短期間でダイエットが成功できる

食生活を工夫することで無理せず短期間でダイエットが成功できる

体重を落とすときの注意点

ダイエットを短期間でしたい場合、食事制限をする場合がよくあります。短期間で普段の食事の量にくらべて極端に食べるものを少なくすると、摂取カロリーが下がるため、手っ取り早く体重を落とすことができます。しかし、脂肪だけでなく筋肉まで落ちてしまうので、基礎代謝が悪くなるリスクがあるので注意が必要です。また、エネルギーが足りないと脂肪を蓄えようと身体がしてしまうので、体重が減るのに体脂肪を落とすことができずに、太りやすい体質なってしまう可能性があります。そのため、栄養不足で体調が悪くなってしまわないように、必要なカロリーはしっかり摂ることが大事です。

ダイエット中の空腹感を防ぐ方法

ダイエット中には空腹のため、間食をしてしまいがちです。なるべく間食はしない方がいいのですが、どうしても食欲を抑えられない場合は、糖質があまり含まれていないものを積極的に選ぶことが重要です。例えば、ご飯やパスタといった炭水化物を多く食べると、糖質を多く摂ってしまうので避けるといいです。腹持ちのいいこんにゃくなどカロリーが少ないものを食べるべきです。また、1日に摂るカロリーを決めているなら、食事の回数をできるだけ多くすることが大事です。その結果、血糖値が上がってしまうことを防げます。糖質をいっぺんに多く摂ると、血糖値が一気に上がってしまいます。食事の回数を増やせば、血糖値が上がりにくくなり、空腹によるストレスを感じている時間を減らすことが可能になるのは大きなメリットです。

品川美容外科の判例について調べる